パパ活トラブル

パパ活事件トラブルまとめ!実際に犯罪に巻き込まれたケースは?

Pocket

現在の『コロナウイルス』の影響によりパパ活の人口が急増していますが、そのパパ活人口急増により、パパ活が絡んだ犯罪も急増しているんです。

パパ活で揉めて殺害された事件や悪質な手口で騙されたり、未成年の女の子が被害に合うなど実際に刑事事件も起こっています。

また、男性側の食い逃げやお手当を払わないなどの「金銭トラブル」も急増しており、こういった事件は警察や弁護士に相談しても取り合ってもらえず、『泣き寝入り』するしかない場合がほとんどです…。

なので今回は、パパ活事件トラブルまとめ、実際に犯罪に巻き込まれたケースをご紹介していきます。

パパ活で被害者になってしまったり、トラブルに巻き込まれない為にも、実際に起きた事件から注意点を学んでおきましょう!

 

パパ活事件トラブルまとめ!実際に巻き込まれたケースは?

パパ活では「良パパ」もいますが、『詐欺パパ』や『地雷パパ』など危険なパパがたくさん存在しています。

この様な「悪質なパパ」とはどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか…?

パパ活でよくあるトラブルをご紹介していきますので、これから被害にあわない為にも注意していきましょう!

 

パパ活事件トラブル例

パパ活では常にトラブルと隣り合わせですよね…。

そんなパパ活で実際にあったトラブル事例をご紹介していきます。

お手当未払い

パパとメッセージや顔合わせで約束を取り付けて、デートするというのがパパ活をスタートする流れだと思います。

いい感じにデートや食事は出来たけどお手当貰える気配ないし、自分から今日のお手当今日のお手当貰えませんか?と切り出すには勇気がいります。

勇気を出してやんわりとお手当の事を聞いてみてもはぐらかされてしまうなんてこともありますよね…。

大抵のパパは少しでもお手当をケチろうとしてくるので、女の子が気が弱いと思われてしまうと何かしら理由を付けてお手当を払おうとしないパパもいます。

最悪の場合は、お手当を貰えず食事中女の子がトイレに行っている隙に無言で帰り食い逃げするという被害も実際にあります。

顔合わせでお手当を貰えないというのはまだ分かりますが、デートにはたくさん女の子の時間や労力が掛かっているので、お手当未払いは出会ったパパ活アプリで即通報しましょう!

 

肉体関係の強要

パパ活はもちろん肉体関係が無いプラトニックは関係でもできますが中には肉体関係を強要してくるパパもいるのです。

パパとのメッセージのやり取りで食事やデートのみの関係で約束していたはず…なのに

「大人の関係になってくれないとお手当あげれないなあ。」
「○○回もデートしたんだからもうそろそろ(肉体関係)いいでしょ?」
「一緒にホテルまで来てくれたらお手当あげるからいこうよ。」

など、デート中や待ち合わせ時間の直前に肉体関係を迫られた経験がある人も多いと思います。

肉体関係は無理だと断ると、本当にお手当なしというパパも存在します…。

そしてデートはしたのに、肉体関係を断ったためにお手当を貰えなかったとしても、法的にお手当を請求したり、詐欺罪で刑事告訴したり出来ないので女の子達は泣き寝入りするしかありません…。

顔合わせやメッセージの時点で大人の関係はお断りしても、常識が通じない相手はいるので、そういった人には「会わない・ブロック」をお勧めします。

パパ活詐欺の実態

パパに食い逃げされた…。
トイレ行った隙にパパ居なくなってるし、現金取られてた…。
税金払ったら会社の経費でお手当落とせるって言われたからお金払ったのにパパと連絡取れなくなった。

パパ活詐欺(パパ活と称して犯罪行為にも等しい行為をする)にも様々な種類があります。

  • クレジットカード詐欺
  • 現金騙し取り詐欺
  • 税金先払い詐欺
  • 食い逃げ
  • 窃盗
  • 詐欺ビジネスへの勧誘

特にクレジットカードを騙し取られてしまうと高額な金銭も一緒に騙し取られることになるので他人には決してクレジットカードを渡してはいけません。

そしてパパをと二人きりの空間(個室のレストランやホテル)で一人にしてしまうとお手当てを貰っていなかった場合払わず逃げられてしまったり、現金を抜き取られてしまう可能性もあるので、パパを一人にしない事を意識しましょう!

税金先払い詐欺とは?

会社の経費でお手当払うんだけど、そのためには今日中に今年分の税金8万だけ払わないといけないんだよね…。

今忙しくて手持ち無くて、今日ちゃんと振り込んでくれたら解決するし経費でお手当分の金額を落とせるようになるから払えるんだけど、○○ちゃんに迷惑かけてごめんね…。

などと高額なお手当を会社の経費で落とすための必要経費としてお金を請求されます。

○○ちゃん(ご自身)の為だからと言っておくことで、本当にお手当を払うつもりはあるんだよ?というアピールをします。

こういった形で現金をだまし取ろうとしている人は低姿勢という共通点もあります。

実際は。請求された金額を支払うも、その後連絡が取れなくなりお手当を貰うことが出来ず、連絡先もブロックされてしまった…。

という事例も実際に存在しており、今後多発する恐れもあるので、注意しておきたい事例です。

トイレに行っている隙に逃げられてしまうというのは防ぐことは出来ないですが、後の対応(弁護士に依頼するなど)の為に携帯番号は教えてもらっておくのがベストだと思います。

様々な犯罪行為が存在しているので巻き込まれてしまわないように注意してパパ活していきましょう。

 

パパ活で殺人事件に発展

私は安全にパパ活してるから大丈夫!

と思っている人も多いと思いますが、パパ活は常に危険と隣り合わせという事を自覚しておきましょう。

今からご紹介する事件はパパ活がきっかけで起こった殺人事件であり、パパ活が危険なものだと分かっていたら防げた事件でもあります。

この事件から学ぶパパ活の注意点もご紹介しますので、このような事件に巻き込まれない為にも確認してみて下さい!

 

茨城女子大生殺人事件

2018年11月20日に行方不明になっていた女子大生(19)が2019年1月末に茨城県神栖市にて、ひざ下くらいの深さに埋められた状態で遺体で発見された事件です。

死体遺棄の疑いで送検された廣瀬晃一容疑者(35)は「車に乗せて(遺棄)現場近くまで行った。騒がれたので車内で殺害した。」と供述しており、殺害した理由については黙秘しています。

事件の時系列

  • 午後3時頃(11月20日) 東京都足立区から電車に乗りJR鹿島の鹿島神宮駅で電車を降りる
  • →呼んだタクシーに乗り、茨城市内のコンビニへ移動
  • →また別のコンビニへ移動し、廣瀬容疑者と合流
  • 午後6時 女子大生に目隠しをして約400メートル離れた廣瀬容疑者のアパートに乗用車で移動

――約1時間の空白――

  • 午後7時 再度車に乗せられ(目隠し無し)自宅から数キロ離れた畑に女子大生を置き去りにする
  • →女子大生は廣瀬容疑者のアパートに戻ろうとするも分からず、近所の住民に「記憶を頼りに来たが分からなくなった。金銭トラブルが起きた。」と伝えていた
  • 午後8時「トラブルが解決しました。」と言い廣瀬容疑者のアパートに戻る
  • 午後11時 廣瀬容疑者のアパートから約10キロ離れた場所で女子大生の携帯の位置情報が途絶える

――行方不明――

  • 翌日(11月21日)、携帯の位置情報が途絶えた現場付近で女子大生が着ていたピンクのコートが見つかる
  • 1月24日 廣瀬容疑者が任意で事情聴取を受ける
  • 1月30日 廣瀬容疑者が「女子大生を埋めた」と自供
  • 1月31日 女子大生が遺体で発見される

 

なぜパパ活殺人事件と言われてるの?

パパ活殺人事件と言われている理由は、女子大生と廣瀬容疑者の間にあった『金銭トラブル』にあります。

実は事前に会う事の対価として一定金額の提示を受けており、このことから「パパ活をしていたのでは」と言われています。

定かではありませんが金額は十数万円~30万円と高額なお手当を約束していました。

しかし、お手当が支払われることなく畑に置き去りにされ、女子大生は片道分の交通費5000円しか持っていなかったことから、抗議するために廣瀬容疑者のアパートに戻ろうとします。

そして廣瀬容疑者と再度合流するも、女子大生はお手当を貰うことが出来ず「SNSで拡散してやる!」と騒いだことにより殺害されてしまいました。

廣瀬容疑者のアパートに滞在していた時間は約1時間なのに高額なお手当を渡すと言っていたことから、廣瀬容疑者はそもそもお手当を払う気がなかったように思えます。

 

この「パパ活殺人事件」から学ぶパパ活の注意点

この事件から学べるパパ活の注意点は以下の4点です。

  1. 男性の車に乗らない
  2. 高いお手当を提示された時点で怪しむ
  3. 「顔合わせ」をしよう!
  4. パパ活は人気の多い場所でする

この4点を詳しく解説していきます!

 

男性(相手)の車に乗らない

今回の事件の女子大生は男性の車に乗り、目隠しをされて廣瀬容疑者の自宅まで向かったため、住所も帰り道も分からない状態になりました。

これだけでも十分に危険ですが、殺害されたのは人目につきにくい田舎道の車内でした。

男性の車に乗ってしまうとどこに連れて行かれるか分かりませんし、車内に危険物を隠し持っている可能性もあります。

親しくなったパパだとしても相手の車には乗らず、『現地集合現地解散』を基本にパパ活をしましょう!

 

高いお手当を提示された時点で怪しむ

パパ活において高額なお手当をくれるパパは本当に極一部です。

実際のメッセージのやり取りを確認することは出来ませんでしたが、今回の事件のお手当は1時間だけで十数万~30万円のお手当を提示されていたという報道もありました。

たったの1時間で十数万~30万円のお手当はあり得ない金額なので、確実に「詐欺パパ」だと判断しましょう!

 

パパ活は人気の多い場所でする

顔合わせもそうですが人目が多い場所でパパ活する事により、連れ去られそうになったり危険な目に合いそうな時に助けを呼ぶことも出来ます。

そもそも人気が多ければ女の子に何かしようとは思わないので、人気の多い場所でパパ活する事をお勧めします。

 

実際に犯罪に巻き込まれたケースは?

ここからはパパ活で実際に起こっている犯罪に巻き込まれるケースをご紹介していきます。

パパ活ではどんな犯罪行為が多く存在しているのでしょうか…犯罪に巻き込まれてしまう前にしっかり確認して対策していきましょう!

被害者の数も多いので気を付けましょう。

パパ活を装いわいせつ動画を販売で逮捕 被害者は200人超

女性を騙し、行為中の動画をモザイク加工などの処理をしていない状態「違法コンテンツ」をネット上で販売したことで30代の男が逮捕されました。

被害を受けた女性は200人にも上ります。

逮捕された30代の男は、パパ活を装ってマッチングアプリでパパ活をしている女性と連絡を取り、

「顔は出さなくていいし、風俗のスカウトではないから大丈夫!」

などと言って女性の警戒心を解き、行為中の動画を撮影し販売していました。

動画をモザイク加工することなくネット上で販売し、中には女性の顔がはっきり映っているものがあり、

聞いていた話と違う!

と被害者女性が通報した情報をもとに警視庁が捜査し、男の身元が判明しました。

逮捕された男は、パパ活をしている女性をターゲットにしており、高額なお手当(出演料)をちらつかせることにより、女性たちを騙していました。

撮影が終了すると連絡も取れなくなり、アプリの登録も偽名でしていたようで騙されていた女性の多くは男の素性も分からず「泣き寝入り」していたそうです。

どれだけ高額なお手当を提示されたとしても、ネット上に出てしまったものは一生消えないので、動画撮影や写真の販売はお断りすることをお勧めします。

 

パパ活少女に睡眠薬を飲ませ…

パパ活を募集していた10代後半の少女に睡眠薬を飲ませ、乱暴したうえでスマホ1台を奪ったとして、強盗強制性交の容疑で東京都文京区に住む無職の後藤武彦(49)を逮捕しました。

スマホを奪った理由として、

事件の証拠隠滅の為だった

と供述しています。

後藤容疑者は2年前から『Twitter』でパパ活相手を募集していて、心療内科で処方されていた「睡眠薬」を飲ませて乱暴、同じ手口で50回以上繰り返し犯行に及んでいました。

女の子は約3時間にもわたって乱暴されていました…。

被害届を出している人もいるかもしれませんが、余罪で50人も被害者がいるという事は被害にあった大半の女の子たちは『泣き寝入り』していたのかもしれませんね。

被害にあった女の子は未成年という事もあり、とても騒ぎになりました。

パパ活をする時は、本人確認がしっかりしている「パパ活アプリ」や「多目的マッチングアプリ」をおすすめします。

 

まとめ

今回は、パパ活事件トラブルまとめ、実際に犯罪に巻き込まれたケースをご紹介していきました。

パパ活からお手当で揉めて殺人…、とても悲しい事件でしたがこれからこんな事件が起きてしまわないようにしっかり学んでおきましょう。

犯罪ではなく、パパ活での「金銭トラブル」は警察や弁護士に相談しても取り合ってもらえないことが多いので、『泣き寝入り』しない為にもしっかり警戒心をもってパパ活しましょう!

また、大金を騙し取られる『パパ活詐欺』も横行しています。

何回か会って女の子にしっかりお手当を払っておくことで信用させる手口ですが、『普通のパパ』は女の子にお金を請求することは絶対に無いので、パパにお金は渡さないようにしましょう!

いつか自分が被害に合ってしまうかもしれない」という危機感を持ちつつパパ活をしていきましょう。